こだわり満載ステキ外構!

今回のお宅はミサワホームのモダン住宅!

特徴あるスタイルのお宅をいかにもっと格好良く見せられるかに色々と閃いて完成♪

それがこちら!

岩見沢M様邸完成.JPG

ここでのポイントはセンターにRCウォールを設置し、そこをインタロッキング〈ロシェ〉を敷き詰めたアプローチが大胆に回り込みます。

また、そのRCウォール前面は段差を活かしながら、、、

岩見沢RCウォール&高低差レンガ平板.JPGレンガ仕切で2段階の高さにステージを設置。

1段目はインド産天然石のラジャスターン30㎝角を目地をズラして敷設。そのもう一段上にはアプローチのロシェの色違いを敷設し、変化と高級感を出しています。

岩見沢M邸高級インタアプローチ.JPGアプローチとの取り合いは〈右画〉のようにとても綺麗で、インタロッキングの色ムラ効果と相まって、とても品のあるフロントヤードを形作っています。

 

 

岩見沢M邸ラジャスターン.JPG(左下)ラジャスターンには時折このように太古の葉っぱの化石が混じっていて、それとなくロマンを感じる事もできます。お子様とシダ植物の化石のお話なんかができるって言うのはとても楽しい事ですよね。

line-uploadslinewp251.jpg

目線をセンターに移していくと、テラスから繋がるセンターフリーエリアを設置しています。

岩見沢M邸センターエリア平板.JPG

ここはカラーとスクエア感のバランスをとりつつ、濃いめのレンガで仕切をつけ、中に450角のコンクリート平板を敷き詰めています。

そうする事でこの場所がとても広く感じる事ができるのです。

ヨーロッパゴールド岩見沢M邸.JPGまた、このセンターエリアの目隠しとなるのが、ヨーロッパゴールドです。

この黄緑色がとても全体を柔らかく見せてくれるのに効果的なのがわかるでしょうか。

ボリュームもあって使いやすい木です。

 

 

このセンターエリアの目隠しとして、もう一つ特徴的なのが、枕木ウォールになります。(下)

岩見沢M邸枕木目隠し.JPG岩見沢M邸枕木目隠し2.JPG

角度をつけて設置する事で、道路を通行する車両からは見えにくく、そしてウォールしか見えない方向では解放感を出すために隙間を大きく見せているのです。ちょっとしたこだわりなのです。。

岩見沢M邸アクシアビレッジ.JPGちなみにこのセンターエリアへはアプローチの脇を通り、このようにレンガ砕の中の木目コンクリート平板の飛び石を通って奥へと向かいます。

天気の良い日にご家族で外にでるのも楽しくなる。そんなお庭ができました♪

line-uploadslinewp251.jpg

岩見沢M邸L型ブロック.JPGお隣との境界線には、コスト重視のL型ブロック土留めを設置しています。

このL型はH500 L600サイズの額縁デザイン。

奥のRCウォールとのイメージもピッタリ合います。

line-uploadslinewp251.jpg

岩見沢M様邸高級外構完成.JPG

全体として、落ち着きと品がある中にも躍動感のある楽しい外構ができたのではないかと思っています。

お住まいのご家族に良く似合う、とってもステキな仕上がりになっています。

line-uploadslinewp251.jpg

岩見沢インタアプローチ.JPG岩見沢M邸フロントヤード.JPG岩見沢M邸センターフリーエリア動線.JPG

(左)玄関から見たアプローチ / (中)フロントヤード全景 / (右)アプローチ側からセンターエリア方向

岩見沢M邸センターフリーエリア.JPGP1140975.JPG岩見沢M邸ヤマボウシ株立.JPG

(左)パーキングゾーンからセンタエリア / (中)テラスから道路方向 / (右)シンボルツリーとなる株立ヤマボウシ

line-uploadslinewp251.jpg

Post a Comment

You must be logged in to post a comment.