《カーポートの選択について》

[平成26年1月16日追記・再編集]

岩見沢周辺は雪が多いです・・。カーポートやガレージがあると、その部分の雪はねから解放されるのはもの凄いメリット!

ただこの周辺は俗に言う豪雪地帯!

屋根上積雪が150㎝対応のモデルでも雪下ろしは数回は必要かと思います。200㎝ならその回数はぐっと少なくて済みますね!(積雪荷重の考え方)


ツインZプラス新製品.jpg最近はアルミ製でも200㎝対応が出ました。

これは非常に大きな出来事でありまして!

逆に150㎝積雪でも雪下ろしするから大丈夫!という方であれば今まで8本柱でドアの開け閉めに気をつかわなければならないところを、6本柱で対応できちゃうという素晴らしさ!

さぁ、、雪下ろしの回数を減らすか、それともドアの開け閉めを楽にする等使い勝手を優先するか♪

ここは悩みどころですよね。。

 

という事で選択肢が広がったのは素晴らしい事です。

 

でも、この両立が可能なタイプもありまして・・・

それがこの中川製作所のNSシリーズです。
http://www.nakagawa-seisakusyo.com/

中川製作所NS2000.JPG中川製作所ns2000-1.JPG

こちら積雪200㎝対応ながら、なんと脅威の4本柱なのです。

理由は鉄骨製だからなのですね。

(↓)1.5m対応で片持ちタイプも人気です!

p1040604

カーポートボルト止め.JPG

最大のメリットは「丈夫」で「柱が少ないので使いやすい」というのが大きいかと思います。

しかし、数少ないデメリットとしては鉄の宿命上、錆びが発生してしまうこと。あとは良くみるとやっぱり鉄骨製なのでボルトが見えたり(右画像)して意匠性はオールアルミのもに比べると、やっぱり劣ってしまいます。(この無骨さが好き!という方も多いのですが。)

 


あと、鉄骨製のもう一つの優れたポイントとしては、形の自由度が高いのです。

(↓)キャンピングカー用に高さと幅を特注したりもお手のもの!

p1020039

(↓)更には、横への張り出し&自転車スペースの追加等、かなりの自由な設計が可能です。

p1010311

カラーは本体4色、アルミ破風4色で選べます。

是非、選択肢のひとつに加えてみてください。

 


 

さて、次はアルミ製のカーポートをご紹介いたします。

弊社の得意は三協アルミさん。

アルミ製のメリットとしては、やっぱり格好が良いんです。特に細かい収まりや大きな梁のドンとした存在感なども素敵です。あと、基本的に錆びませんので、メンテナンスが必要ありません。ただ、鉄骨と比較すると価格が割高になってしまいます。(1台用を除く)

三協立山ツインZプラス縦2連棟.JPG(左)この画像は三協アルミの縦2連棟のものですが、実物を比べるとやっぱりスタイリッシュです。ただし、この柱の本数はすごく多いでしょう?(画像は数年前のモデルです)

この本数がなければ今までは150㎝対応できなかったんですね。

まぁ、こんなところがアルミ製と鉄骨製の差でしょうか。しかし、近年は大変進化してきており、冒頭の記載の通り、かなり柱の本数は減っています。

ツインZプラス装飾版.JPG

さらに、アルミ製の場合はこんな風(右)にオプションで装飾をする事が可能です。こうなると本当に豪華なんですよね。[クリック拡大してご覧下さい。)

意匠性を含め、お客様の価値観の中でそれぞれのメリットデメリットを考慮してチョイスしていただけると宜しいかと思います。

更に近年発売された製品で、積雪荷重1.5m対応でありながら、”全面採光屋根”のモデルがあります。

三協アルミの「スノースカイ」という製品で、通常のモデルに比べると高価ですが、その格好良さを言えば大いに元が取れるものと思います。

dsc-1454
http://www.hira-ken.com/wordpress/?p=3417

P1050060
http://www.hira-ken.com/wordpress/?p=3966

P1030170

P1030106

このスノースカイの意匠性の高さは、雪国では諦めざるを得なかったデザインと機能の両立を図れるものとして大いに期待できます。

 


あと、カーポートにはもう一つ!ウッド製があります。

欠点としては数年おきに塗装のメンテナンスをするのが望ましい事や若干価格が高い事などがあげられますが、住宅によってはやっぱりもの凄く似合ってしまいます。

シンプルホームポートハーディ.JPGP1130606.JPG

(左)新企画社の新製品のポートハーディーというタイプ。幅6mのワイド特注品です。

(右)同じく新企画社のポートマンに特注のカラマツ丸太のサイドフェンス付き。

ポートハーディ方杖.JPG新製品のポートハーディの方は強度を確保するために鉄筋の方杖がつきます。

こんなところもちょっとオシャレだったりするんですよね。

色々と頭を悩ますかもしれませんが、選択肢は多ければ多いほど良いと思います。いよいよ悩んだら私が沢山のお話を聞いた上でご提案させていただきますので、その時はご遠慮なくお申し付け下さい(笑)

ちなみに、こんなウッドタイプのガレージとカーポートが合わさったものもつくれます。

p1000758


また、上記3種類とも当社はこの地域の販売代理店として力を入れさせていただいておりますので価格、施工品質共に自信を持って販売・施工させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

TOPページへ戻る http://www.hira-ken.com

Post a Comment

You must be logged in to post a comment.