エスビック施工コンテスト入賞作!

 h22-ish200.jpg

《2010年 エスビック施工写真コンテスト入賞作》

*平成22年6月竣工

 

以前のブログでもご紹介した通り、全国で応募総数1,505点!7月5日にエスビック(株)東京支店にて一次選考を行い、408点が最終選考へ。

翌7月6日にエスビック(株)本社にて最終選考を行い、受賞作45点が決定。

この現場は「最優秀賞」「優秀賞」に次ぐ「敢闘賞」を受賞いたしました。(新製品・擁壁部門)

エスビック施工写真コンテスト敢闘賞.JPG

そんな細部にまでこだわったデザインをたっぷりとご紹介させていただきます。

bw-uploadslinewp216.jpg

まずはウォールから!

エスビック バイオメタルメタリックグレー.JPG

エスビック(株)のバイオメタルというメタリックパール塗装を施したブロックの上に、焼き物とは思えないショコラレンガのガトーを笠木として使用。

写真ではわかりにくいですが、メタリック感が大いに増幅されています。

中のスクリーンはグラニットスクリーンという天然石を削り出したもの。

価格も張りますが、この質感は独特な風合いを醸し出します。

バイオメタル&ショコラガトー①.JPGバイオメタル&ショコラガトー②.JPG

また、住宅のクールな雰囲気に合わせて、高さと奥行きは段をつけて高級感を倍増させてます。また塀の間には低めのヨーロッパゴールドを植栽する事で、無機質になりすぎずとてもバランスが取れます。(もちろんコスト面でも有利になります)

門柱、表札&ウォール

bw-uploadslinewp216.jpg

サイドエリアに目を向けると・・

芝&銀斑ミズキ.JPG

贅沢な芝スペースの前にアイストップを兼ねた《銀斑ミズキ》を配置。

広大なプライベートエリアをたった一本で引き締める効果があります。

P6300307.JPGアクシアサークル4周色違い.JPG

アクシアサークルは4周を使用し、3周目のみウォームグレーを使って住宅外壁と合わせる事で、クールな雰囲気との緩和役になってます。

bw-uploadslinewp216.jpg

この現場のもう一つのこだわりがこのアプローチ!

チェックメイト&シャイングリッド&パラレル200①.JPG

玄関アプローチとカーポートを中心としたパーキングエリアを一つにまとめ、広すぎてボケがちなエリアをギュッと締めます。

チェックメイト&パラレル&シャイングリッド.JPGチェックメイトアプローチ.JPG

縁取りはカーポートやフロントヤードへと続く20㎝幅のラインと同じく、インタロッキングのパラレル20㎝角を使用。左右にチェックメイト平板と使用し、センターはシャイングリッドのモザイクタイプと、3種類の製品を組み合わせ、住宅との整合性を整えています。

昼間だけでなく、夜はこのようにご家族の帰りを出迎える灯りが見事!

アプローチライティングエスコート.JPG

イルミネーションはエスビックのソーラーライトエスコートという製品で、奥の表札はLEDタイプ。

bw-uploadslinewp216.jpg

カーポート周辺に目を向けると。

ツインZプラス サンシルバー2台用岩見沢高級外構カーポート&塀.JPG

住宅の外観を邪魔しないように、尚かつ引き立たせるようにサンシルバーとブルースモークのサイドパネルが目を惹きます。

パーキングライン.JPG

手前はアプローチを挟んでウォールまで続くホワイトのインタロッキングのワイドライン。そこから派生する20㎝幅のクロスする帯。

このラインは車をバックしていくときの目安にもなるように設定されてます。

三協立山アルミツインZプラスサイドパネル.JPGチェックメイト&シャイングリッド&パラレル200①.JPG

bw-uploadslinewp216.jpg

広々アプローチ(パラレル+).JPG

奥側のウォールエリアと、手前のアプローチ&パーキングエリアでガラっと雰囲気を変えつつ、統一感を大事にしたプランです。

クールで特徴ある住宅をいかに引き立たせるかという部分を重視し、お客様と一緒にデザインを作り上げました。

この周辺を通る度に目を惹く外構は自慢の出来となってます。

bw-uploadslinewp216.jpg

P6300300.JPGバイオメタルメタリックグレー(夜).JPG

アプローチ脇ウォール&カエデ.JPG

この木はノルウェーカエデのプリンストンゴールドとドラモンティという2色。

大小を組み合わせ、バイオメタル門柱を引き立てます。

チェックメイト&シャイングリッド&パラレル200②.JPGP6300302.JPG

やりようによっては2軒余裕で建てられるほどの広い敷地。

何をやろうにもコストに跳ね返ってきてしまうところを様々な工夫を積み重ねてできたデザインでもあります。

何より一番大事なのは、特徴あるクールなデザインの住宅を上手く引き立たせられるかどうかが大問題!

夜な夜なあらゆる方法を検討しながら出来た自信作です。

そんな自信作が施工コンテストで評価されたのも私としては何より嬉しい出来事。

この現場でまた一皮向けたかな?と自画自賛中です(笑)

Post a Comment

You must be logged in to post a comment.