植栽が映える癒しの庭。。

h22-kat200.jpg 

《植栽のある癒しの庭へ》

*平成22年6月竣工

 

今回の現場は平成21年度にウォールを施工させていただいたお宅

ニューラジット&エレガンテシマ.JPG

ニューラジット&グラニットキャップという組み合わせの贅沢な塀の中に植栽をする工事です。

塀の脇にはエレガンテシマの2mクラスを列植し、目隠しの効果を高めています。

その奥は、、

 

3mクラスの株立ちのヤマボウシを配置し、玄関から見たときの視線を定める役割を持たせています。

ヤマボウシ株立H3.0.JPG

このヤマボウシは移植してすぐ花が咲き、目を楽しませてくれました。

ヤマボウシの花(白).JPG

その脇には彩りの変化を持たせるために、シダレモミジを配置。

シダレモミジH1.0.JPG

その隣には・・

 エゴノキ株立H2.0.JPG

上品な感じを醸し出す2mクラスの株立ちのエゴノキを配置しています。

そして今回の庭の主役となるのが3mのプンゲンストウヒ!

プンゲンストウヒH=3.0.JPG

しかし、不覚にも当社の都合で施工が遅れてしまい・・・。

今年は春から温かかったため新芽の出方も早く、かなり危険な状況での移植ではありましたが、、まだまだ夏ではなく春のこと。。

植え替え直後から、運悪く強烈な暑さ(なぜか季節外れの30℃超え)が続き、丈夫なはずのプンゲンスもダウン気味・・・

色々と栄養剤等漬けにして頑張ったものの、せっかくの新芽も茶色く首をもたげてしまって・・(涙)

という事で、非常に残念ながら、、もし来春調子が悪ければ植え替えも辞さない覚悟でおりますので、お客様ご安心を。。

気を取り直して、奥に目を向けると、、

ご家族でくつろげるテーブルセットなどを配置できるように、パラレル平板のブラウンを配置し、、

バックヤードパラレル平板.JPG

その奥にはジューンベリーがアクセントとして植わってます。

ジューンベリー株立H=1.0.JPGジューンベリーの実.JPG

このバックヤードは植物好きなご夫妻の手によって、華やかに変わっていく事と思います。

私的には何よりプンゲンスの元気が心配・・

かといって、プンゲンス植えないと工事的にも庭の見た目的にも完成しないというジレンマの中で無理をしたものの、ちょっと気が気じゃない状況なのです(汗)

まずは来春。雪解けと共に状況確認に伺います!

Post a Comment

You must be logged in to post a comment.