ヒートポンプ式ヒーティングアプローチ

弊社初となるヒートポンプ式のロードヒーティングです。

P1020984

車2台分のスペースをヒーティングとしており、熱伝導効率の良いステンシルコンクリート&土間コンクリートの仕上げです。

P1020987

目玉となるヒートポンプユニットは三菱のメルスノーで、今回は2回路に分けてパイピングを行っています。

P1020986

住宅が四角い雰囲気を強く持っているので、あまり曲線を多くするとバランスが悪くなりまP1030089す。したがって、外周を曲線とし、中の模様はスクエアなラージタイルとし、カラーは玄関タイルと外壁のカラーバランスに考慮し、ライトストーン&マスタードでムラつけ。

お陰で華やかさの中にも落ち着きのある印象となりました。住宅に似合いつつも、とても目を惹くアプローチです。

脇には人工芝で明るいアプローチを演出しています。枕木柱の前には、お客様の手でお花が植えられる予定です。

P1030075

今回は上画像の人工芝スリットの奥側がヒーティング設備入り。手前が単純な土間コンクリート仕上げとしています。


外周に目を向けると

P1030079P1030076

勝手口から、人工芝のくつろぎエリアに出ることができます。

また、天気の良い日はご家族で焼き肉でも!となった時に、人工芝では火種が落ちると大変なので、インターロッキングで土台となる場所をセット。

家庭菜園で収穫した野菜を一緒に焼いて。。などと夢も大きく膨らみます。

P1030077


ガレージはカスケードのNS-2200をスパン延長。

P1030080

住宅のカラーと合わせて、シャッターはグラフブラックで決めています。

また、横片引き戸はコストと横幅のバランスで弊社一番人気のEタイプ。

P1030088

ちょっと高さは低いけれど、幅が広くて使い勝手の良いタイプです。


シンプルながら、品のある。それでいて押しのあるデザインとなっています。

雪が降って、ヒーティングで融けたアプローチが美しく目立つ季節がやってきました。

今度、そんな雪景色の中のステンシルアプローチを撮影させていただきたいと思っています。