オシャレカワイー!こだわり外構

外構のリニューアル工事です。

当初は2台用のアスファルト駐車スペースと芝面があった外構ですが、それを大幅に改修!

将来車が増えたときのために、駐車スペースを3台+αと設定し、意匠性を高める様々な工夫をしています。

P1030026

P1020995

アプローチスペースはこのように、レンガ仕切で門柱まで誘導。アクセントにアースクォーツという乱形石を配置。

P1030043

門柱は塗り壁仕様とし、天端のキャップは周囲の仕切と同じ、特徴ある白色レンガのショコラフランをチョイス。

周辺との統一感を増長させています。

P1030006

玄関側から見ると、このようなバランスになっていて、物置までの動線と道路へと向かう動線が描かれています。


サブパーキングは、現在のところ投雪機で奥へ雪を飛ばしていますが、状況によっては冬期間の雪堆積スペースとしても活用できるようになっています。P1030059

また、夏期は目隠しとして機能するウッドフェンスが、冬期間は除雪動線として邪魔になるので、簡単に取り外しができるようになっています。P1030011
(↑ 取り外し前 ・ ↓ 取り外し後)

P1030012


全体としては、ショコラフランのレンガ仕切が複合的な曲線を描いて、各エリアを仕切るデザインとなっています。その一つが住宅までのアプローチとパーキングスペース後部のレンガ砕の色。

P1030008

こういった色合いがワンポイントで入ることで、住宅全体の高級感をグッと向上させることができます。

P1020992

また、このように、アスファルト舗装の中にレンガで仕切を入れることで、見た目のアクセントのみならず、車を駐車する際の目印にもなる、見た目と機能の両立が図られます。


もちろん!周囲はメンテナンスの手間を大きく軽減できる防草シートと化粧砕石のコンビで仕上げ、家庭菜園も設置しています。

P1030020

P1030021


全体的に、現在の住宅の佇まいにピッタリと合った、素敵な外構ができたと思います。もちろん、見た目ただけではなく使い勝手という面においても種々考慮したものでありますので、豪雪の岩見沢においても快適に冬を越せるものと思います。

何はともあれ、住宅の雰囲気と、そこにお住まいのご家族にお似合いの素敵な外構を作らせていただいたことに心から感謝申し上げます。