キャンピングカー用のカーポート&段差を活かすフロントヤード

道路から玄関までの段差が大きめのお宅です。

まずは玄関まで入るのに階段が必要で、カースペースも使いやすく勾配を緩くするためには土留めが必要!

P1090713

そこでこの様なデザインになりました。

P1090715

階段は見た目より、コスト重視の方向ではありますが、踏み台部分を広くとり、ゆったりと上がれる様にデザイン。途中のインターロッキング部分は、単なる見た目のアクセントだけではなく、踊り場としてお車までのショートカット階段への動線となっています。

P1090716


P1090718

カーポートは大きなキャンピングカーを停められる様に幅も高さも特注サイズ!

そして積雪荷重2mの安心仕様です。今回は冬期間の雪の吹き込みを防ぐために防風ネットを設置しました。

PC123276
(↑)こちらの面は途中のショートカット階段も使えるように、ジッパー付きのこだわりに。

(↓)反対面は土留めのウォールにアンカー止めできるので頑丈!

PC123277P1090719

(↓)後面も土留めの直止めしているため、強風でも安心です。

P1090722


土留めは型枠ブロックという内部に生コンが充填できる非常に頑丈なブロックを使用しています。これで費用対効果も十二分に発揮されています。

P1070257

(↓ )ここには意味無く(?)レンガの箱を設置しましたが、実はこの下には汚水の取り付け管が埋設されています。

PB173117

あまり土被りが少ないと冬期間凍結してしまうため、この様にウォールで囲って断熱材を設置して冬期間の心配を減らしています。ちょっとした工夫ですね!

 


 

という事で、見た目は非常にシンプルですが、ちょっとした工夫が満載のアイデア現場なのです。