木のある暮らし!

komorebi.jpg

ちょっと前までは、共働きでせっかくの週末を草取りに煩わされたくない!バルサムモミというリクエストの下、敷地内のほとんどを防草シート&化粧砕石や二次製品でグラウンドカバーしてしまうというのが多かったのですが、ここに来て自然回帰の流れなのか地球温暖化に敏感に影響を受けるのか・・・

「わっさりと木が欲しい!」

というお客様が増えてきています。

 

当社ではそんな期待にも応えたいと思っています。

 

まずは一本だけのシンボルツリーから、お客様のイメージで年々本数を増やしていくための基礎プラン&基礎工事も行います。

現実的な傾向としては・・

 

メイゲツカエデシャラの木

 

住宅の前面にアクセントとして一本のシンボルツリーを植えたりというのが多いのですが、それも左写真のようにH=4.0mを越える大きな株立のメイゲツカエデを植えて全体を引き立てたり、右の写真のように敷地の中心的位置に庭のイメージを決定づけるかのようにシャラの木を配置したりと、色々と効果的に使う事ができます。

 

goldrider.jpgまた、同じくメンテナンスを極力省いてという思惑から、植樹桝をピシッと囲い、その中に色鮮やかなゴールドライダーを並べて植えているのがわかるでしょうか。

これは4本の木を家族一人ひとりと見立て、それぞれを布支柱で結ぶ事が家族の絆を表現するというつもりのプラン(笑)

この木達のように仲良く素敵な家族で!というお客様の願いが詰まってます。

 

yo-roppa.jpgこちら(右)はウォールの中のアクセントとして、塀の間にヨーロッパゴールドを植え込みました。非常に存在感ある木が住宅全体を引き締めます。

 

このように、やっぱり木が少しでもあるとググっと全体が引き立ってくるのです。

 

ただ、これまではメンテナンスを極力省くコンセプト。

 

もし、手間を惜しまなければ鬱蒼と茂る雑木林のような庭を作る事も可能。

とは言え、そんな木を運んでくるだけでも結構な費用になってしまうので、ケースバイケースですが。。。

 

yoseue.jpg←ただ、寄せ植えぐらいはやっぱりやりたい!

住宅基礎の縁に黒土客土を入れ、お客様が楽しみながら配置した寄せ植えの庭です。

 

こういう庭がお好きなら、やっぱり手をかける事自体が楽しみになるので、休日はどこにも出かけずとも自宅で幸せを味わえるなんてステキだと思いませんか?

 

lineWP2.jpg

 

そして、、

どんな木を選ぶのか!それがやっぱり楽しみでもあり、大変なところでもあるのですが、入れる木の本数が比較的多ければ当社がお付き合いをしている近くの圃場へお客様とご一緒に選びに行くことも可能です!半日ぐらいはかかるかもしれませんけど・・。

 

sitami1.jpg小リンゴヤマボウシ

圃場下見1タチビャクシンアルバータコニカ

黄金メタセコイヤ

左上から順に「ヨーロッパゴールド」「小リンゴ」「ヤマボウシの実」「下見の様子」「タチビャクシン」「アルバータコニカ」一番左下が「10m級の黄金メタセコイヤ」このメタセコイヤはいつ見てもそそられるステキな樹形で私のお気に入り!

 

なんせ、ここで紹介したのはホンノホンノ一例です。

豊富な木の中でお好みの木を見つける事が可能になります。ただ、結構時間がかかるので、本数が多い時のみの対応とさせていただくことをご了承下さい。(圃場の方にもご迷惑がかかってしまうので。)

 

庭造りのイメージとして、やっぱり欠かせないのが樹木であります。

ただ、闇雲に植えても全然良くならないのも事実。断片的なお客様のイメージを元にじっくりと詰めていければ、きっとステキな庭がつくれると思います。

 

ほらっ!ちょっと望めば木陰のあるステキな庭が手に入るかも!

 

《専務取締役 平野》

Post a Comment

You must be logged in to post a comment.