ラジャスターンアプローチのお宅

このお宅の一押しはレンガ仕切の中に設置したラジャスターン天然石のアプローチ。

ラジャスターンアプローチ.jpg

極力コストをかけずに、レンガとラジャスターンとの隙間は防草処理をした上にイエローロックの砕石を配置。

オシャレな感じに仕上がっております。

lineWP2.jpg

 

ちなみに施工前はこんな感じでございまして、

N様着手前2108.jpg

せっかくのお宅がちょっと寂しい感じに見えてしまっておりました。

lineWP2.jpg

N様完成2108.jpg

ガレージ前は広くアスファルトを敷いたので、遠目には色合いに変化は少なく見えますが、近くで見ると色々とこだわりが入っております。

アイストップエリアホワイトロック.jpg

住宅壁前のサブパーキングスペースとアプローチとの間には、ちょっとした島をつくってアイストップエリアとしています。

カラマツ枕木の前にクリーブランドレンガを配置。その廻りにはホワイトロック砕石で明るい感じにしておりまして、土留めとしての枕木は3本おきに高さを変えていく、ちょっと変わったバージョンに。

L型土留塗り壁.jpg

このL型土留めもちょっとこだわっておりまして、通常のコンクリートL型ブロックなのですが、せっかくなのでジョリパッドで塗り壁仕様にしてみました。

その大きなポイントはプランには材料費だけ計上し、あとはご主人の手作業塗り壁(↓)。

ジョリパッド塗り壁(1).jpg

下塗りのシーラーから始まって二度塗りまでを指南。

最後はご家族勢揃いにて記念手形。

ジョリパッド手形.jpg

こんな感じに仕上がっております(↓)。

L型土留めジョリパッド手形.jpg

このお宅ならではのオリジナルが沢山詰まった外構になりました。

lineWP2.jpg

せっかくなので、もう一つご紹介。

カスケードシャッター補修.jpg住宅新築時に設置したカスケードガレージ。

束石が開いてシャッターを下ろしたら外れてしまうのです。

そんな時はちゃんと日江金属では補修パーツを用意しておりまして・・

そのパーツをリベット打ちで固定すると、ハイ完成!

これでシャッターが外れる悩みから解放されます。

同じ様な症状にお困りの方がいらっしゃいましたら是非お試し下さい。

 

Post a Comment

You must be logged in to post a comment.