軟弱地盤の階段追加工事

1年前にお庭のリニューアル工事をさせていただいたお宅ですが、季節的な時間切れで階段のみ来春に持ち越ししたものです。

この現場周辺は軟弱地盤で有名なところ。

住宅は基礎杭があるので沈下せず、周囲の地盤のみが年々下がっていくので、玄関からの出入りに段差が増えて行ってしまうものです。

そこで今回は階段を追加する工事となりました。

s-P1060909
ここでのポイントは、、

Read More »

最強カーポート&シックなアプローチ!

【雪に関するお悩み&地盤沈下のお悩みを軽減させる、シックで機能に優れたエクステリアを!】

P6252224

カーポートは中川製作所NS2000(ブラウン)特注2台用に6本柱、それでなくとも堅固な造りの4本柱を6本柱とし、玄関前の雪掻きを軽減し、極力雪降しも少なくしようとの戦略です。


P6252217

カーポートとアスファルト舗装のみではちょっとシンプルすぎるので、車を止める際にも気にならず、外観も壊さず、しかも小洒落た感じのアプローチにするべく、大型コンクリート平板&敷枕木でアクセントを付け、シックな仕上がりになりました。

コンクリートのクールな感じに木材の温もりのコラボレーション!意外にも合うのであります。


P6252234

その他、玄関ドアの塗装と風除室新設、ポーチ及び階段のモルタル補修もご依頼頂きました。

玄関ドアを塗り直し、元々の風化した箇所のモルタルを剥がして、下地のコンクリートに新しいモルタルが密着しやすい様にチッピングし、下地塗りを経て仕上作業です。

最後に風除室を組立てて、玄関周りはすっきり綺麗に成りました。


P6252233

住宅外周の地盤沈下措置が一番、頭の痛い課題で、何度も足を運んで打合せ検討して、もっともシンプルな結論が出ました。

この地域一帯は、地盤が変動して住宅自体が浮いている様な感じになってしまうため、住民の皆様方は心配が多い事でしょう。

ここに数百万円を掛けてガッチリとした物を造っても、地下数メートルが軟弱な泥炭層ではいずれ沈下してしまいます。

それでは、無駄な工事と成る恐れがあるので沈下を前提として考え、段差解消も兼ね安価で補修し易い民地石H300と切込砂利を犬走りとして施工し、数年後に下った際には、その都度、補修を施して行きましょうという結論に至ったのであります。

お客様にも大変、満足頂き外構屋冥利に尽きるのであります。

《いしかわ》

こだわり路盤のご紹介!

今回は単純なアスファルト舗装のみの工事なのですが、この辺りは意外と軟弱地盤・・・。

6)kansei.jpg

そこで、当社でよく使用する作戦なのですが、路盤に使用する砂利の粒度を変化させて、下層に路盤支持力の高い凍上抑制層をつくる事に。

 

今回はその手順をご紹介させていただきます。

lineWP2.jpg 

Read More »